« 天光寺 5月28日(木)「大護摩供養」を開催します。 | トップページ

2020年6月11日 (木)

お百度参りとは



氏神神社や有名な寺社などに百日間毎日参拝することを「百日詣」といいます。これが、時代とともに変化したのが、お百度参りです。一日で百回お参りする場合もあれば、数日かけて百回お参りするというものまで、さまざまです。
お百度参りをする際の祈願内容は個人的なものではあるものの、切実なケースが多いのではないでしょうか。何としてでも叶えたいといった願い事があるときに、神様の力を借りる目的でお百度参りをします。平安時代からこうしたお参りはあったともいわれています。また日本の歴史書である『吾妻鏡』の記述などから、鎌倉時代初期には既に存在していたことが分かっています。

簡単に説明するとお参りの回数を重ねることによって、仏様や空海様と顔なじみになり、願いの切実さを伝える修行となります。

« 天光寺 5月28日(木)「大護摩供養」を開催します。 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天光寺 5月28日(木)「大護摩供養」を開催します。 | トップページ