2018年9月25日 (火)

写経で心を落ち着かせてみませんか?

忙しい日々の中で、心の余裕を持てず、「写経して心を落ち着かせたい」と思ったことはありませんか?

空の心
仏様のもとで真の自分を見つめなおす。
仏様の祈りを実践する写経「般若心経・御宝号」
雑念を払い無の境地に。
写経とは、仏教の経典を写すことです。お経一字一字を丁寧に、ご本尊様をお迎えするという清浄な尊い気持ちで書写することです。
『般若心経』278文字を習字で書いて頂きます。文字を書くために使う墨を擦って作るところから始めます。
写経は大きな功徳を積むことができる行として広まり、そしてこの写経の心は、時代を越えて、道を求むる人にとって大きな心の支えとなりました。
現代に生きる私たちは、写経によって静かに落ち着いた時間を大切にするとともに、祈りや願いを生活の中に活かしていく一つの証としたいものです。
『般若心経』は短い経典でありますが仏法の大意が述べられております。天光寺では『般若心経』の写経をお勧めします。
学ぶ・真の自分を見つめなおす
写経体験をして見ませんか
随時受け付けております。お気軽にお尋ねください。
写経の概要
  • 時間
    午前10時~午後4時(受付は午後3時まで)予約の必要はありません。
  • 初穂料
    『般若心経』 2,000円
  • 受付
    天光寺総本山
  • お問い合せ先
    TEL 042-519-9380
    FAX 042-519-9382
  • 写経題
    『般若心経』 1巻278文字(所要時間約120分)
    『写仏』仏により時間が異なります。
Img_1993_2
臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村
小沢4040-1
TEL:042-519-9380
FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

2018年9月21日 (金)

よくあるご質問について・・・

よくあるご質問について、いくつかお答えします。

行はどれくらいの期間が適当ですか?

体験修行でしたら2泊3日(1日目の朝10時までにお越し頂き、最終日の夕方迄)で滝行や川行、写経、お百度参り、瞑想などを体験することができます。
また、自己改革や精神修行、心願成就など明確な目的をお持ちの方が行に参加される場合には、個々のプランを作成いたしますので、お電話・メールなどでお問い合わせください。

修行を体験したいのですが、決心がつきません。途中でやめてもいいんですか?

修行と言うと、厳しい、大変そう、と思われるかもしれませんが、そのようなものは一般的には「荒行」と言われているものです。

どの程度を考えているのかにもよりますが、私どもでは、ご経験のある方でも「基本、初歩」から始めていただきます。

また、どのような場合でも貴方のお手伝い、サポートをするスタッフが常に身近にいて様子を見させていただいてますので、「無理がある、と判断した場合」はこちらから一時的にお止めいただくこともあり、その都度ご説明させていただいております。 ですから、御本人様のご意向も随時お伺いできる体制で居りますのでご安心下さい。

菩提寺さんがあるのですが、そちらに伺っても構わないのですか?

菩提寺さんがあるということは、お墓がありご供養、法事などもそちらでされていらっしゃるのでしょうね。 日本の仏教の菩提寺制と言うのは、過去の日本の歴史の一時代の政策の中で生まれたものです。 信仰と言うものは「各個人が自由に」というのが大切なことです。 日本以外の仏教の存在する国は、家族であっても行くお寺が違う…などというように本当に自由です。

また、皆さんも「京都や奈良、また全国各地にある著名なお寺さん」には何度も行かれた事があると思います。 そして御祈願や御祈祷をして頂いた方も多いことと思います。 ですから、菩提寺さんがあってもご遠慮なくいらして下さい。

先日「先祖が成仏していないから、不幸が続く…供養とお祓いをしないと、更に不幸が起こる…」と言われ悩んでいます。そんなことって本当にあるんですか?

よく寄せられる質問です。 YES、NOの二択でお答えするのは難しいのですが、貴方の場合は「NOに近い」と先ずお答えします。

魂の存在は否定される方もいらっしゃいますが、私どもではあると考えています。 そして魂のほかに「念(人の思い)」も私たちが生活する日常の中で人々に大きな影響を与えています。

今生きている私たちは考えも思いも日々刻々と変化します。
しかし亡くなった方は生存時に強く思っていた事が「念」として残ります。 仮に亡くなったのがお父様で生前から「後を継いで欲しい…」と思っていた場合、貴方がその道を外れて生きているとすると、貴方の内面(心、魂)には常にわだかまりが存在し、また亡くなったお父様の念も浄化、昇華することがありません。

ですから、そのような場合は私どもは、御祓いやご供養の前にご相談者ご本人と懇意にお話をさせて頂き、その後の対応をさせていただいています。

私は数年来、重度の肩こりでお医者様に行っても原因が解らず、最近は頭痛も薬が効きません。これって霊障ですか?御祓いすれば治るのですか?

霊障はあります。 しかし「霊障の言葉の意味」は誤解されている方が多いようです。 「貴方の魂(心、霊)に障りをきたす」、これは全て霊障といえます。

では、何が貴方の魂に障りをきたしているのか…? 確かに未成仏霊や雑霊の場合も有りますが、「ご自身で何かを作ってしまったり、また、ご自身が周囲から引き込んでいたり…。」と様々です。

 

 

 


お悩みの場合はまずはインターネットかお電話にて相談を受けておりますので、こちらの問い合わせフォームからか、直接お電話下さいませ。

 

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村

小沢4040-1

TEL:042-519-9380

FAX:042-519-9382

Email:info@tenkouji.jp

2018年9月18日 (火)

三連休に体験修行いかかですか?

9月の三連休、第1週目が終わりました。

お越し頂いた皆様、大変お疲れ様でした。

今後とも宜しくお願い致します。

次の三連休のご予約も沢山頂いております。 お早めに申し込み下さいませ。




P3260985_5

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

2018年9月17日 (月)

お祓い・除霊・浄霊・霊障について

個別対応・完全予約制・秘密厳守

天光寺では、宗旨・宗派に関係なく霊障害、霊現象、原因不明な問題でお悩みの方の相談をお受けしております。土地・家屋・住宅・工場など、霊現象・霊障害などでお悩み方は、天光寺本山にてお祓い、除霊、浄霊をお勧めします。
先祖供養、水子供養、施餓鬼供養、合格祈願、良縁祈願、病気平癒祈願、家庭不和、商売不振などの相談も行っております。

祈願などに関しましては、天現霊符と萬事大吉符や開運御守を、また除霊や厄除けなどでお悩みの方には厄除け・魔除け、不動尊札などもお勧めしております。

原因が分からない悩みの方は、まずご相談下さい。

 


お祓い・除霊された方の感想文を紹介させていただきます。

30代女性

私はこの一年うつ病のような症状で、家事や子育てもままならない状態になってしまいました。

しかし、この症状が霊障だとは気づかずこの一年苦しみ続けて、藁にもすがる思いで天光寺さんを訪ねました。

思い返せば、2歳の子どもがいつも誰もいないところに向かって、にこにこと話していたり、飼っていた小型犬はその同じ方向に向かってずっと吠えていたりしたことが続いていました。でも、子どもの頃はよく見えると言いますし、怖がっていたわけではなさそうだったので気にもしていませんでしたが、ちょうどその頃から、ひどい頭痛や、嫌悪感が始まり、次第にやせ細り、髪まで抜け始めました。

家に居ても、家の中の絶対に落ちないようなものまで落ちたり、電源の入っていない子供のおもちゃが音を鳴らしたり、子どもは誰もいないところに向かって話したり、笑ったり・・・。もうかなりノイローゼになっていたと思います。

私は霊障だと家族に話しましたが、みんな信じてくれず、ただ育児に疲れているだけだと言われ、一人でずっとつらい思いを抱え込んでいました。

ネットで天光寺さんを知り相談すると、本当に親身になって話を聞いてくれて、心が救われました。

すぐに除霊をお願いすると、子どもを亡くしてしまった女性の霊だったらしく、うちの子どもを可愛く思い、母親である私に妬みを感じ私に嫌がらせをしていたようです。

子どものことは可愛く思っていたとのことで、だから子供は楽しそうに笑っていたりしていたのが納得できました。でもこのままにしていて、子どもにも何かされたり、連れて行かれるようなことになっていたらと思うとゾッとします。

先生にきちんと除霊していただいたおかげで、その女性の霊も成仏できたようですし、私自身、本当に体が軽くなって、みんなから顔つきが変わったと言われました。

今まで、このような霊障など信じていなかったのですが、本当にあるんだなーと実感しました。本当に親身になり、しっかりとお話聞いてくれたとこ忘れません。

ありがとうございました。


 

このような方がたくさんいらっしゃいます。

是非一度ご相談ください。

 

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1

TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382

Email:info@tenkouji.jp

 
 

2018年9月14日 (金)

企業ビジネス研修について

企業向けビジネス研修

社員の意識が大きく変われば組織大きく変わる。
天光寺の研修では、「基本」を大切にします。
天光寺で社員研修を受講された方々が、将来に渡って成長出来るよう、そして適切な創意工夫を生み出せるよう、「基本」を大切にし、研修を進めて参ります。

天光寺が選ばれる理由

1ご要望・希望に合わせたオーダーメイドプログラム

企業には企業の考え方課題も異なります。当寺院では仏教を通じた研修をすることで、その企業様が今日より明日、今年より来年が良くなることが目的です。その為に、天光寺の企業研修では、研修の実施前に、貴社のご要望・情況を充分にヒアリングさせて頂き、最適な研修プログラムを提示・構築・提供いたします。

2仏教教育に基づく「身・口・意」を鍛えるバランスとれた教育

仏法に基づく修行と作法を学び、常に学ぶ心を持ち続け、前向きに全力で取り組む姿勢を養います。仏法に基づく修行の本質に自ら気づき、研修に対する姿勢を自ら磨き、研修に生かします。
学ぶ → 気付き → 気配り → 積極性

3天光寺の社員研修のノウハウ

いかなる時代にあっても企業の発展・成長・進化は「人材なくしては築き上げられません」
優秀な人材を企業における「宝にかえ、企業の躍進の原動力になるよう、「天光寺」は仏法に基づいて各企業のニーズにあった具体的なプログラムを提案し提供します。

大型の研修にも対応する為に、約250名程度が同時に修行可能な大型の施設が完成しました。
内容は人数、期間により個別にプログラムを作成致します。お気軽に相談・問い合わせ下さい。

Houwa
臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

2018年9月13日 (木)

半日滝行はいかかですか?

天光寺では滝行のみを行いたい方のために、半日滝行プランをご用意しました。

丁寧なご指導をさせていただきますので、女性・お子様・年配の方でも安心してご参加いただけます。
日常生活のなかでは、経験出来ないこと、そのひとつが滝行。
行衣(衣服)をまとい滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行です。
滝の自然の力より、仕事の疲れやストレスを癒してくれます。また、最近やる気が起きない、ダラダラしている自分を変えたいという人も、ぜひ挑戦してみてください。
天光寺では、一人でも多くの方に、滝行の素晴らしさを実体験して頂ける様、丁寧に指導を行っております。皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。滝行体験の後は天光寺にて無料の入浴もできます。(川修行も体験出来ますのでご希望の方はお申し付けください。)
イメージ 1
日帰り滝行詳細
開催日時
毎日
開催時間
12:30~16:00
集合場所
天光寺総本山(東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1)
料金
5,000円(お布施はお釣りの無い様にお願いいたします。)
持ち物
替えの下着・身体を拭くタオル・運動靴(滝までの間、山道を少々歩きます)
※女性の場合は滝行の際、透けて見えない様に濃いめの色のTシャツ・スパッツ等をお持ちください。

コースの流れ
12:30
受付・入滝時の説明・指導・着替え(滝衣をお貸出しします。)
13:30
お百度参り (弘法大師様の前でお百度参りをします。)
14:00
移動・入滝
15:30
お風呂(夏季期間中はシャワーのみとなります)~解散                                                       
お電話、メールにてお気軽にお問い合せ下さい。                                                                
臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

2018年9月11日 (火)

不登校・引きこもり・いじめ等でお悩みの方・・・

天光寺は、引きこもり、自殺願望、登校拒否、うつ病その他様々な心の悩みを持った人々を受け入れています。不安定な思いを開放し、心が原因の体調不良や人間関係の不調和を修正します。長期間の滞在も可能なので、あせらずじっくりと自分を取り戻してください。


不登校・ひきこもり・いじめなどで悩んでいる本人やご家族の方々の、ご相談をお受けしておりますので、遠慮なくご相談下さい。
ひきこもりとは、分裂症などの精神疾患などではなく、自宅にひきこもり、学校や仕事に行かないなど、社会参加しない状態が持続しているケースをいいます。
「ひきこもり・不登校」はだれにでも起こりうる事態です。ご本人、またそのご家族の方も「まず打ち明け、話すことによって」、問題の発見に繋がり、その時点で心が安らかになります。
毎日修行は行っておりますので、いつからでも受け入れ可能です。
まず双方で話し合いの上で期間などを決めてお越し頂きます。
どんな事でもご相談下さい。電話でも、インターネットからの相談も受け付けております。まずはご連絡下さい。
臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

不登校・引きこもり(体験修行)感想文 10代男性
僕はこの体験修行に、心を入れ替え、言いたいことを言えるようになるために来ました。
この体験修行に入る前は、自分が間違っていたことに気付かないで、口答えをしたり、言いたいことも言えず「分かった」と言ってもそれが口だけで、行動に出ないでいました。
この体験修行でよく、自分のやっていたことに気付かなかったことに後悔をしました。
瞑想の時間などで、心を落ち着かせて、考えることができました。
この体験修行の残りを有効に使って、完璧に改善していきます。
滝行でも辛さがよくわかりました。食前の言葉、食前のお経なども、食べ物を食べられていることに感謝しようと思います。
寺内の掃除、道場の掃除でも普段やってくれている人に感謝するということが分かりました。
他にも食べ物の準備だったりを、自分自身で経験して、毎日やるのは本当に大変なことだと思いました。
これからの目標は、この寺で自分で体験した事を生かして、家でもやってもらってることには感謝をして、自分で出来ることは一生懸命やっていきたいと思います。
道場掃除はすごく大変だったので、毎日家の掃除をやっているお母さんと、毎日仕事で生活させてくれるお父さんに感謝したいと思います。
 

2018年9月 7日 (金)

企業ビジネス研修施設のご案内

天光寺では、約250人を同時に受け入れられる、新たな研修施設が完成いたしました。


新入社員研修、入社内定者研修に、密教の「修行を」取り入れてみませんか?




心に迷いを持ち、やる気や生きる目的を見失っている人々があふれているのがわが国の現実です。天光寺は、世の中を強く生き抜いていくための、仏教に基づいた人材教育を行っています。困難に立ち向かう勇気と活力と精神力を養い、多くの企業人の自己啓発、自己改革を支援しております。

仏教の修行をもとに多くの研修を主催して培ったノウハウから、企業研修に関しては次のような種類のプログラムを用意しております。もちろん、企業様の課題に応じて個別にプログラムを作成することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

イメージ 1


【受講者の感想文】20代女性
天光寺の研修で、今まで体験したことの無い経験ができました。般若心経を百回繰り返す「行」で、担当の方が「こう言った、辛いように思うかもしれない行うことで、普段の生活に戻った時、新たな発想が生まれる」と、おっしゃっていました。直接自分の人生に活かせるかは分かりませんが、こう言ったことを一つ一つ一生懸命取り組むことが、大切だと思いました。
さらに、法話では「何事においても、積極的に生きるか消極的に生きるかで、運や人生が変る」とも、おっしゃつていました。
普通の生活や仕事でも、積極的に一生懸命に取り組み、今までの人生は学校や家庭といった周りの環境からチャンスを与えられることが多かったと思いますが、これからは自分で感じて掴めるようにならなければ、ならないと思いました。
その上で、ものごとの優先順位を見極め、これから自分が関わっていく組織で、自分のやりたいことや遣るべきことだけでなく、周囲の人が困っていることや遣りたがらないことを行い、属している組織にプラスの存在となれるように、行動していきたいと思いました。
もう一つ、法話の中で消極的な言葉は、使わないようにすると有りました。消極的な言葉は、人を傷つけたり失望させたりと、良くない影響を与えます。逆に、人に喜びや勇気を与えられるような言葉を選び、これから先の社会に出て生きていく上で、そういった朗らかに感じられるような言葉を、使っていきたいと思いました。
この二日間の研修で得られたものを、これから活かせるように忘れずに、生活していきたいです。

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

2018年9月 6日 (木)

お見舞い申し上げます

このたびの北海道地震により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

一日も早い復旧と、被災された方々が日常の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

 

臼杵山 真言宗 総本山天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

2018年9月 4日 (火)

密教ヒーリングについて・・・

私たちが提供する「密教ヒーリング」をひとりでも多くの方々に体験して頂きたいと願い「天光寺密教ヒーリング養成講座」を開設いたしました。

密教のヒーリングとは、森羅万象を集約した密教の修業のダイナミズムが、余すところなく発揮されます。
人間の五感「見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触る」と彩色のビジョン、目と言う感覚器官を活用して、大日如来の宇宙の本体である絶対真理を現すのが密教ヒーリングなのです。

イメージ 2

 


密教では古来、弘法大師によって伝えられた真言密教の加持祈祷を行なうことで、大きなヒーリング効果が現れ、心理を悟り、実践する仏の智慧に気付く事が出来、「身」「口」「意」を通じて、「印」「真言」「マントラ」などで、その人の心身の悩みや身体上の苦痛や病をヒーリングよって軽減し、癒すことができます。

また、根本の教え、大日如来の宇宙の絶対真理を現す曼陀羅を目視し、観想することで宇宙の氣と一体化し、真我を把握でき、根本的癒し「ヒーリング」効果を期待できます。

密教ヒーリングでは、教えや修業を通じて、宇宙の根源の氣を取り入れることで、「心・感情・精神」を癒し、負の力の影響を受けることなくヒーリングを行なう事が出来るのです。
そのためには、正しい教えや修業法が必要であり、その体系として密教の経典、真言があり、その正しい指導者として密教の僧侶がいるのです。

密教で実現される正しいヒーリング方法を学ぶことによって、あなたも癒されてみませんか。 心身にお悩みのある方は、お気軽にご相談ください。

イメージ 1

 

 臼杵山 真言宗 総本山天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1

TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382

Email:info@tenkouji.jp

«体験修行に参加してみませんか?